ペット

無添加のドッグフード

無添加というのは、着色料や保存料といった添加物が一切含まれていないことを指します。
市販されているドッグフードの中には、添加物が含まれているものもあれば、無添加のものもあります。

ドッグフードを手作りした場合は無添加ですが、
原料に添加物が含まれていたら、それは無添加ではありません。

ここでは、市販されているドッグフードに含まれている添加物にはどのようなものがあるのか?
をまず見ていきましょう。

ドッグフードにもっともよく含まれている添加物は、
体に悪い影響を与えるものもありますが、そうでないものもあります。

例えばビタミンCは、防腐剤としてよく配合されていますが、
体に悪い影響を与えるものではありませんよね。
天然の成分であれば添加物として配合されていても、愛犬の健康を損なうものではないのです。
それで無添加として販売されている製品もゼロではありません。

逆に、体に悪い影響を与えるのは合成と名のつく添加物です。
これらが配合されているドッグフードは、決して無添加とは言えません。
遅かれ早かれ、愛犬の健康を損なうものだからです。

また、無添加のドッグフードは値段が高いと思って手が出ない人も意外と多いと聞きますが、
冷凍肉を使ったドッグフードであれば、そこまで高くはありません。

冷凍肉にいいイメージを抱かない人もいるでしょうけど、
冷凍肉は人間界でも一般的によく食べられている食材です。

生肉を使った添加物たっぷりのドッグフードを食べさせるより、
冷凍肉を使った無添加のドッグフードを食べさせた方がずっと健康にいいことがわかるでしょう。

愛犬の好みは味や食感などでわかれるものでしょうけど、
その愛犬の健康を守ってあげることができるのは飼い主だけです。
本人が喜んで食べるからといって放置するのではなく、飼い主が安心して与えられ
、愛犬が喜んで食べられる無添加のドッグフードhttp://www.tibettibet.jp/tennkabutu.htmlを見つけ出してあげましょう。

そして、無添加だからと言って盲目的にその言葉だけを信用するのではなく、
原料にも目を配ってしっかりと確認してから食べさせるようにしたいものです。
こちらのサイトにも、 無添加ドッグフードについての詳しい解説がありました。参考になりますので、是非ご覧になってみてください。