ペット

ドッグフードの種類を知る

ドッグフードにはどんな種類があるか、ご存知でしょうか?
なんとなくは知っているけど・まったく知らない、
どちらの人もわかりやすいようにここで説明しますね。

ドッグフードと一口に言っても、種類はいろんなものがあります。
大きな袋に大量に入っているものや、缶詰・レトルトパウチなど、
パッケージだけでもどれを選べばいいか?迷ってしまいますよね。

パッケージだけで判断するのはちょっと安直すぎますが、
パッケージを見ればそのドッグフードのだいたいの種類がわかります。

まず、大きな袋に大量に入っている種類のドッグフードは、
ドライタイプだと断言してしまっていいでしょう。
水分が少なくて長期保存が効くタイプですので、
飼い主にとってのコストパフォーマンスは非常に高いものとなります。

犬にとっては、歯に歯垢がつくのを防げたり、
噛むことがひとつの運動になってストレスが解消できたりします。

缶詰のものは、概ねウェットタイプと言ってしまっていいでしょう。
水分が多いドッグフードですので、開封したらすぐに食べさせないと品質が変わってしまいます。

1コあたりの値段はそこまで高くはありませんが、
1コで1食~と考えるとコストパフォーマンスが高いとは言えませんし、
缶のごみが大量に出るのも困ります。

レトルトパウチのドッグフードは、パッケージを一目見ただけでは判断できません。
書かれている説明文などをしっかりと読んで、ウェットなのか?半生なのか?把握しましょう。

半生の場合は、添加物や糖分が含まれているものもありますので、
配合されている成分や原材料について確認するのも忘れないようにしてください。
添加物が含まれているから一概に悪いものだとは言えませんが、
できるだけ自然に近いドッグフードを食べさせた方が犬の健康を長く保つことができます。

どうですか?
このようにドッグフードにはいろいろな種類があります。
愛犬に合ったドッグフードの選び方はこちらを参考にしてください。

有名なアイムスやアカナのドッグフードについてはこちらをご覧ください。
口コミなどを参考にしたり、実際に見て確かめて、愛犬が喜ぶものをチョイスしましょう。
こちら http://xn--qckubrc3d4m.ws/も、わかりやすい解説をしていました。お勧めのサイトです。