ペット

タイプ別ドッグフード

ドッグフードと言ってもいろいろなタイプがあります。
ドッグフードにタイプがあるというのを知らない人も意外と多いですので、
ここではタイプ別ドッグフードを紹介しましょう。

まずは、ドライタイプのドッグフードです。
水分が10%以下ととても少ないため、手で持ってみても硬いですし、
試しに犬にかじらせてもけっこう頑張って噛むことになります。

これは常温で長期間の保存が効きますので、
飼い主としてはコストパフォーマンスが高くて嬉しいドッグフードです。
栄養分もぎゅっと凝縮されているため、少量でしっかり栄養を摂らせることができます。

ですが、この硬さがイヤで苦手な犬もいますので、
食べさせてみて嫌がるようであればやめた方がいいでしょう。
食べたくないものを食べさせるとストレスになってしまい、
吠える・噛みつくなどの問題行動を起こす可能性も高まります。

元気が有り余っているような犬の場合は、
噛むという動作がストレスを解消してくれることもあります。
硬いものを噛むことで、歯に歯垢がつきにくくなるというメリットもありますよ。

ドライがあれば、缶詰め・ウェットタイプのドッグフードもあります。
これは、水分が70%以上とかなり多く含まれているドッグフードで、
噛む動作が苦手になった老犬が好む傾向があります。
また、下痢や便秘をしている場合に食事を摂らせる場合にも使われていますね。

缶詰で売られていることが多いため、保存性は高いですが、
散らかったり汚れたりしやすいため、食後の片づけが若干面倒になります。
歯が弱っている犬には食べやすい反面、歯垢が残りやすいというデメリットもあります。

ドライ・ウェットと来れば、あとはそのあいの子である半生タイプですね。
犬種を問わず、犬全般に人気のあるタイプのドッグフードですから、
メーカーからもたくさんの製品が発売されています。

保存が効く・食べやすいなど、ドライとウェットのいい面が両方ありますが、
保存性を持たせるために添加物や糖分が多く含まれている場合が多いです。
ですから半生タイプのドッグフードを摂らせる場合は、
犬の健康管理により一層気を遣わなければいけません。
こちらに、 ドックフードを与えるときの注意点についてのわかりやすい解説があります。ご覧になってみてください。