ペット

ドッグフードを選ぶ際の注意点

ドッグフードを選ぶ際にいくつかの注意点がありますので、ここではそれについて書きましょう。
ドッグフードは今、たくさんのメーカーから様々な種類のものが発売されていますので、
店頭でどれを買ったらいいか迷ってしまう人も多いでしょう。
ですが、これからお話する注意点に気をつけて選べば間違いありません。

ドッグフードを選ぶ際にまず、やってはいけないのは、値段の安さだけで適当なものを選ぶことです。
安いことが悪いと言っているのではありません。
安いだけで決めてしまうことは、危険かもしれないということです。

値段の安いドッグフードは、安く売るために原料にかける経費を大幅に削減している場合があります。
一般的なドッグフードのイメージだと、鶏肉や大豆・トウモロコシといった
私たち人間も食べられる食材が原料になっていますが、
原料にかける経費を下げたドッグフードはそうではない場合があるのです。

原料はちゃんとしていても、輸送コストを下げるために
合成保存料などの添加物を大量に使用している場合もあります。

人間の世界でも危険視されつつある添加物が大量に含まれたドッグフードを、
愛犬に食べさせようと思えるでしょうか。
恐らく大半の飼い主さんは「NO!」と答えるでしょう。
人間が食べて危険なものを、自ら進んで愛犬に食べさせたいとは思えないのが通常の感覚ですよね。
その点を注意してドッグフードを選ぶようにすれば、もうドッグフード選びに迷うことはなくなります。

もしも今まで安さだけでドッグフードを選んでいたとしても、
人間が食べて安全だと判断できるものを選んでいたら、それは間違いではありません。
こちらのサイトの、ドッグフード選びに迷ったときの選び方ガイドの解説ページも参考になると思います。

現在食べさせているドッグフードがある人は、
それがどんな原料で作られているのか?添加物は含まれているのか?を確認してみるといいでしょう。

確認してみて安全でないと判断した場合はちょっともったいないでしょうけど、
できるだけ早く安全なものに変更してあげてくださいね。

↓愛猫の健康を考えたオーガニックキャットフード